こんごうち

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

金剛智

vajrabodhi、跋曰羅菩提と音写する。(671?-唐・開元29年(741))

 南インド・マラヤ国の人、ナーランダ寺で出家し、龍樹の流れをくむ龍智から密教を学んだ。セイロン島からペルシャの船で広州に来て、開元8年洛陽に入った。
 開元11年以降、『金剛頂瑜伽中略出念誦経』など密教経典8部11巻を訳した。

 唐の代宗から「大弘教三蔵」と諡号された。密教付法の第5祖、中国密教初伝。

 弟子に、不空、一行、慧超、義福、円照、恵恒などがある。