さんしさほう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

三支作法

 「宗・因・喩」の三つの命題による論式のこと。陳那によって立てられた「新因明」で用いられる。
 それまでの古因明では、五分作法が用いられたが、陳那以後は三段だけでよいと改められた。

三支

1.宗   主張   pratijJaa   立論の命題
2.因   理由   hetu      宗を成立させる理由
3.喩   実例   udaaharaNa  宗と因に言及する性質のある同喩と、その性質のない異喩

宗   声は無常なり      たとえ、仏の説いたものであったとしても、言葉は無常である
因   所作性なるが故に    言葉は作られたものであるから
喩  同喩 瓶等の如し      作られたものとしての例え
   異喩 虚空の如し      作られたものではない例え