ししん

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

至心

浄土真宗親鸞の解釈では、『無量寿経』の四十八願の内の第十八願に出てくる「至心」を「まことの心」「真実心」と理解している。これは阿弥陀仏が衆生を救済しようとする真実心であり、我々の心を指しているのではないことに注意する必要がある。

設我得仏。十方衆生。至心信楽。欲生我国。乃至十念。若不生者。不取正覚。唯除五逆。誹謗正法。
たとひわれ仏を得たらんに、十方の衆生、至心信楽して、わが国に生ぜんと欲ひて、乃至十念せん。もし生ぜずは、正覚を取らじ。ただ五逆と誹謗正法とをば除く。

ここで出てくる「至心」「信楽」「欲生」の3つで「三心」が、この第十八願に誓われてあると理解している。
これは、『観無量寿経』に説かれている、至誠心深心回向発願心と比定されている。

また、『無量寿経』に説かれる第十九願・第二十願にも「至心」が説かれているが、これは自力の真実心であるとし、第十八願の「至心」と比べられている。