だいじゅうはちがん

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

第十八願

無量寿経に述べられる阿弥陀誓願である四十八願の第十八番目の誓願のことを指す。

設我得仏。十方衆生。至心信楽欲生我国。乃至十念。若不生者。不取正覚。唯除五逆誹謗正法
(18)たとひわれ仏を得たらんに、十方の衆生、至心信楽して、わが国に生ぜんと欲ひて、乃至十念せん。もし生ぜずは、正覚を取らじ。ただ五逆と誹謗正法とをば除く。(浄土真宗聖典註釈版 p.18)

親鸞は、この願を「念仏往生の願」、「選択本願」、「本願三心の願」、「至心信楽の願」、「往相信心の願」と呼んでいる。

つつしんで往相の回向を案ずるに、大信あり。大信心はすなはちこれ長生不死の神方、欣浄厭穢の妙術、選択回向の直心、利他深広の信楽、金剛不壊の真心、易往無人の浄信、心光摂護の一心、希有最勝の大信、世間難信の捷径、証大涅槃の真因、極速円融の白道、真如一実の信海なり。
この心すなはちこれ念仏往生の願(第十八願)より出でたり。この大願を選択本願と名づく、また本願三心の願と名づく、また至心信楽の願と名づく、また往相信心の願と名づくべきなり。
しかるに常没の凡愚、流転の群生、無上妙果の成じがたきにあらず、真実の信楽まことに獲ること難し。なにをもつてのゆゑに、いまし如来の加威力によるがゆゑなり、博く大悲広慧の力によるがゆゑなり。
たまたま浄信を獲ば、この心顛倒せず、この心虚偽ならず。ここをもつて極悪深重の衆生、大慶喜心を得、もろもろの聖尊の重愛を獲るなり。(浄土真宗聖典註釈版 p.211)