しょうべん

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

清弁

bhavya;  bhāvaviveka (470?-570?)

 インド大乗仏教の主要な学派である中観派の学僧。
 龍樹の思想を受け、独自の論証によって空の理論を展開し、いかなる主張も必ず誤りに帰することを主張するブッダパーリタ(仏護。470頃~540頃)と対立した。

 清弁の派をスバータントリカ派と称し、ブッダパーリタの派をプラーサンギカ派という。