ずきょう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
じゅきょうから転送)
移動先: 案内検索

誦経

じゅきょう」とも読む。暗誦した経典を声をあげて読むこと。

 「誦」とは文をそらんじて節をつけて読むことをいう。経典の受持・読誦が得道につながるということは、『法華経』や『無量寿経』などに見える。中国においても、儒教や道教の経典を声をあげて読むことに神秘的な力が認められていた。

 後代の日本では僧に誦経を依頼する時の布施を意味する「誦経物(ずきょうもの)」を略して、「誦経」ということも多い。