操作

もくれん

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』

目連

サンスクリットMaudgalyāyanaの音写。目犍連とも音写される。

 釈尊十大弟子の1人。
 マガダ国の首都、王舎城の北方のコーリタで生まれる。本名は村名と同じコーリタ(Kolita)といわれている。
 釈尊に帰依する前にはサンジャヤという懐疑論者の弟子であった。後に釈尊の弟子馬勝比丘の勧めで釈尊の弟子となる。ウッパラヴァンナー比丘尼と並んで目連尊者は釈尊の弟子の中で神通第一といわれた。そこで彼はマハーマウドゥガリヤーヤナ(Mahāmaudgalyāyana、大目犍連、摩訶目犍連)と呼ばれている。

  • ことに、孟蘭盆会が起こった物語に出てきて有名である。