しんに

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
しんいから転送)
移動先: 案内検索

瞋恚

krodha (S)

 心作用の一つ。仏教の教えの中で、特に心の働きを中心に説明する倶舎宗では、不定地法の一つとみなす。
 唯識の教えでは、三毒の煩悩の一つとして修行者にとっての最大の障害とみている。

 六煩悩の一つ。自分の心にかなわないことに対し憎しみ憤る心作用のこと。