じっしゃなんだ

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

實叉難陀

zikSaananda (skt.)、652-710年。学喜と訳すこともある。

 于闐国の人。『華厳経』の梵本を洛陽に請来し、佛授記寺で則天武后の命により、菩提流志義浄とともに訳出した(695-699年)。このとき華厳宗法蔵筆受の任にあたっている。
 このときに訳されたのが、新訳の『八十巻華厳経』である。法蔵『華厳経伝記』や『開元録』によれば、その後、『入楞伽経』(七巻楞伽)、『大乗起信論』2巻、『摩訶般若随心経(まかはんにゃずいしんきょう)』1巻など、計19部107巻を訳したという。

704年(長安4)ホータンの老母を見舞うために帰国したが、
708年(景竜2)ふたたび至り、大薦福寺に住した。

参考

『開元釋経録』巻9