そうそく

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

相即

 対立するように見える二つの事象・事物が実は一体不離であること。

 華厳教学の縁起思想では「相即相入」という。華厳での「相即」とは、の視点からすべての現象が密接不離であることをいい、「相入」とは、(はたらき)の視点からすべての現象が密接不離であることをいう。  天台教学における四明知礼の説では、「」に次の3種があるとする。

  1. 二物相合(にもつそうごう)の即    本体は別である二つのものが互いに離れない
  2. 背面相翻(はいめんそうほん)の即  本体は同一であるが現れた相が異なるという
  3. 当体全是(とうたいぜんぜ)の即   対立するように見える二つのものが、それ自体において同一であるとする

 知礼は、背面相翻の即を別教とし、当体全是の即を円教であるとして、ここに真の相即論が成り立つとする。

我も仏の功徳を具し、仏も我等が功徳を具せり。互ひに具し互ひに相即して、仏も衆生も其の体一なり     〔菩提集〕