けごん

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

華厳

華厳宗

 中国において、大乗経典の代表的な華厳経 を究極の経典として、その思想を拠り所として独自の教学体系を立てた。開祖は杜順(557年-640年)、第2祖は智儼(602年-668年)、第3祖は法蔵(643年-712年)、第4祖は澄観(738年-839年)、第5祖は宗密(780年-839年)と相承されている。この中国の五祖の前に、2世紀頃のインドの馬鳴龍樹を加えて七祖とする。

 日本における華厳宗は、第3祖法蔵門下の審祥(しんしょう)によって736年に伝えられた。『華厳経』、『梵網経』にもとづく東大寺の大仏の建立(743年-749年)され、明恵によって密教思想が取り込まれ、さらに凝然による教学の確立がなされた。

 華厳宗の本尊は歴史上の仏を超えた絶対的な毘盧遮那仏と一体になっている。菩薩の修行の階梯を説いた「十地品」、善財童子の遍歴を描いた「入法界品」などが有名。東大寺の大仏も本経の経主毘盧舎那仏である。

華厳経

 華厳経 は、サンスクリット語で「仏の飾りと名づけられる広大な経」(Buddhāvata.msaka-nāma-mahāvaipulya-sūtra)と呼ばれ、漢訳では「大方広仏華厳経」と言われる。本来、多くの独立した経典があり、3世紀頃に中央アジアでまとめられて現在の形態になったものと考えられている。漢訳中のいくつかはサンスクリット本が残っている。
 漢訳では、3種があり

  1. 六十華厳 60巻 仏陀跋陀羅(359年-429年)訳 (大正蔵 9-395-788)
  2. 八十華厳 80巻 実叉難陀(652年-710年)訳 (大正蔵 10-1-444)
  3. 四十華厳 40巻 般若(8世紀-9世紀)訳 (大正蔵 10-661-851) 前2本の入法界品にあたる。

教学

 時代的にも地域的にも広範なので、様々な変容がある。中心になるのは、この世界の実相は個別具体的なが、相互に関係しあって成立しており、無限に縁起しあっている。この実相を4つの法界に分け、仏のさとった実相のすがたを事々無礙法界といい、個々の現象の事法は重々無尽で相似関係にあるとする。また、華厳では仏の側から見るので、三性もまた唯識とは逆に仏から順に円成実性依他起性遍計所執性と説かれる。
 古来、華厳経 は仏のさとったままの言葉を記したもので、凡夫には理解しがたいと言われている。

善財童子

 華厳経 入法界品では、菩薩行の理想者として善財童子が描かれている。昔からこの有様を多くの絵や詩歌に描いている。日本では明恵上人高弁による善財童子の讃嘆が有名であり、また東大寺には華厳五十五所絵巻華厳海会善知識曼荼羅図などが現存する。東海道五十三次もこの話にもとづいて制定されたとも言われている。