ちょうかん

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

澄観

738-839 「ちょうがん」とも訓む。中国華厳宗の第四祖で、華厳教学の改革者。字は大休。勅号は清涼(しょうりょう)国師、俗姓は夏侯氏、浙江省会稽の出身。

 9歳のとき禅者の体真に師事し、11歳で出家、20歳で曇一から南山律を継ぎ、また常照に従って菩薩戒を受けた。さらに無名に参禅して荷沢宗の印可を得たのち、慧苑の弟子の法詵(ほうしん)に華厳宗の教えを受け、その法継を継いだ。
 澄観は、華厳を学ぶとともに、堪然から天台止観法華などを学び、776年に五台山に登り、大華厳寺に入って、10年間『華厳経』の註釈を行い『八十華厳経疏』六十巻を著した。

著作

 安史の乱後、五台山に登って大華厳寺に入り、ここで主著をあらわす。

  • 『華厳経疏』20(60)巻

 徳宗・順宗らのために教えを説き、また般若三蔵の『四十華厳』の訳出に参加するなど、「七帝の門師」として活躍し、810年には僧統となった。門下は千人にも及んだが、奥義に達した者は僧睿宗密の2人だけであったという。

  • 『随疏演義鈔』40(90)巻
  • 『貞元華厳経疏』10巻
  • 『法界玄鏡』1巻
  • 『心要』1巻
  • 『三聖円融観』1巻

など