そんざい

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

存在

「存在」は、近代の語であり、旧来の仏教語には出てこない。

大智度論』では「諸法」という語を使っている。には様々な意味があるが、その一つが「存在」である。
大品般若経では、この諸法を

すべての存在は、幻影のごとく、陽炎のごとく、水中の月のごとく、虚空のごとく、こだまのごとく、蜃気楼のごとく、夢のごとく、影のごとく、鏡の中の像のごとく、変化のごとくであると、こころを開いてさとる。

と10の喩えを出して説明しており、それは

すべての存在は、〔縁起であるから〕である。

ということを説明している。

 いわば「存在」という現象が生じている、ということである。