ちしゅう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

智周

668年 - 723年。中国、唐代の僧。中国法相宗第三祖。生没年に異説があり、生涯の事跡についても不明な面が多い。俗姓は徐(じょ)氏。

 19歳で出家し、初め天台宗の学を修めたが、23歳のとき法相宗第二祖慧沼に師事して法相唯識を学び、のち濮陽(河南省)の報城寺に住して法相宗義の宣揚に努めたので、濮陽大師とも称せられる。
 智周没後、中国法相宗は急速に衰えたが、その伝統は、彼に就いて学んだ日本の智鳳智鸞智雄、さらに玄昉などによって伝えられ、南都六宗の一つとされた。

著書

  • 『成唯識論演秘(じょうゆいしきろんえんぴ)』 唯識三箇(さんが)の疏の一つに数えられる
  • 『成唯識論掌中枢要記(しょうちゅうすようき)』
  • 『成唯識論了義燈記(りょうぎとうき)』
  • 『因明入正理論前記(いんみょうにっしょうりろんぜんき)』
  • 『  〃   後記』

などがある。