ぶっだばだら

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

佛陀跋陀羅

buddhabhadra (skt.) 「佛駄跋陀羅」「佛度跋陀羅」などとも音写される。「覺賢」と意訳される。

 梁の時代に『華厳経』を訳した三蔵法師の名。インド、釈迦国の出身と言われ、北インドに留学して仏教を学び、深く禅に達する。海路によって中国の山東省青州に至り、長安へ行き鳩摩羅什と会い交流したが、次第に離れる。
 義熙八年(412)荊州に行き、さらに廬山の慧遠を訪ねる。後、建康(南京)に移り道場寺で翻訳に従事する。

 支法領が于闐(コータン)国で手に入れた『華厳経』の梵本3万6千偈があったので、義熙十三年(418)法業・慧厳などと共訳して六十巻を作る。