操作

へんけん

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』

偏見

有見・無見のこと。


辺見

antagrāha-dṛṣṭi (S)

 辺執見(へんじゅけんへんしゅうけん)とも訳す。

 極端なことに執着する誤まった見解。二つあって、

  1. 常見  自我は人の死後も存在する常住なものであるとする
  2. 断見  自我は人の死後には斷滅して無くなってしまうとする

 仏教では、自我(ātman)という常住・不変・単一・自在な実体の存在は認めない。各瞬間に滅しながらも、一つの流れ(相続)として続く意識を認める。人間は、解脱して輪廻を超越しない限り、死後もこの意識の流れは続くこととなるが、それは自我ではなく、意識の流れである。

cf. 悪見