くきょう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

究竟

 サンスクリット語の「paryanta」(極限)、「atyanta」(無限の、完全な)、「niṣṭha-√gam」(究極に到る)などの漢訳語。究極(の)、極め尽くすの意で善悪いずれにも用い、形容語としても動詞としても用いる。

 ちなみに、究極の悟り究竟覚(かく)大乗起信論〕、究極の寂滅究竟涅槃法華経(方便品)〕という。
 また天台教学では、円教修行の階位を表す六即のうち最後の、完全な悟りの位を究竟即摩訶止観(1下)〕とよぶ。

 われ仏道を成るに至りて、名声十方に超えん。究竟して聞ゆるところなくは、誓ひて正覚を成らじ。    〔無量寿経 p.24〕

 日本語では、すでに中世から、きわめてすぐれたさまを形容する一般語となり、大変好都合なとか、きわめて強力なの意に用いられた。