さいいき

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

西域

さいいき、Xi-yu; Hsi-yu

 古代中国人が中国の西方にある国々を呼んだ総称である。本来は東トルキスタンをさしたが、拡張されて西トルキスタン、さらに西アジアをもいう。
 中国の西方の国々が記録のうえに明確に現れたのは『史記 』の「大宛伝」が最初だが、ここには西域の語はみえない。『漢書 』にいたって初めて西域の語が現れ、西方の国々のことを記した「西域伝」が作られる。
 この西域伝では西域の地理について

南北に大山あり、中央に川あり、東西六千余里、南北千余里

と述べているので、タリム盆地、すなわち東トルキスタンをさしていることが明らかである。しかし、『漢書 』西域伝には東トルキスタンの国々ばかりでなく、西トルキスタン、インド、イランなどの国々についても記されている。その後、中国歴代の正史のいくつかは西域伝を載せているが、その地理的範囲はすべて『漢書 』と同じである。

 大まかにいって、西トルキスタンの東南にはガンダーラがあり、東トルキスタンにはホータンクチャがあり、シルクロードの分岐点にあたる。なお、トルキスタンとは、トルコ人の住む土地という意味である。

  • 「せいいき」と読むこともあるらしいが、仏教関係ではほとんどない