だいぜんじほう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

大善地法

kuśala-mahā-bhūmikā dharmāḥ (S)

 〈倶舎〉の説く心所分類法における一群。すべての善心と共に働く心作用(心所)。不放逸軽安無貪無瞋不害の10の心所をいう。

 大善法地、名大善地。此中若法大善地所有、名大善地法。謂、法恒於諸善心有。彼法是何。頌日、信及不放逸、軽安捨慚愧、二根及不害、勤唯遍善心。  〔『倶舎』4、T29-19a~b〕