しゅどう

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

修道

bhāvanā-mārga (S)

 仏道実践者の修行の進展程度をいう三道見道修道無学道)の一つで、はじめて真理を見た段階とされる見道の次の段階。さらに具体的な事柄に対処しつつ何度も繰り返し修練し、繰り返し真理を見る段階。

 涅槃に向けて進みゆく5つの段階である五道(資糧道・加行道・見道・修道・究竟道)の一つ。くりかえし修行する段階。見道からさらに進んで諸の事相に迷う修惑を、漸次、断じる位。十地の最初の初地の三心(入心・住心・出心)のなかの住心から第十地の金剛喩定の無間道までをいう。修習位とおなじ

修所断は情・意の面の煩悩であるから、理性で分かったとしても断ち切れない。
修所断の煩悩は、三界に分かれて10種であるが、情意的な煩悩は弁別して断ち切れないから、その力の強弱によって九品に分かれる。
 長時相続、名為修道。多時串習、断煩悩故。〔『瑜伽師地論』29、T30-445b〕
 従初地住及出心、乃至金剛無間心位、名為修道。〔『成唯識論述記』9末、T43-556c〕

 また一般的に、道を習得すべく努力修行することをいう。中国古典における一般的な用例としての修道(しゅうどう)の語は『中庸(ちゅうよう)』(1章)に

 道を修むる、之を教と謂う

とある。