じゃけん

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

邪見

mithyā-dṛṣṭi (S)

 善悪果報三世因果などを否定する誤った見解。
 広くはすべての邪悪な誤った見解を指すが、特に因果の道理すなわち縁起の教法や、また修行によって悟りに達した仏陀の存在などを認めず、その結果として三宝の否定につながる見解をいう。
 これは仏教と根本的に対立する立場であるため、誤った五つの見解(五見)の中で最悪のものとみなされている。

 現代日本語で、「思いやりのないこと」「無慈悲なさま」を意味するのは、正しい見解を持ち得ないという意味から転じたもので、同義の用法は

 世間の法には、慈悲なき者を邪見の者といふ    〔日蓮(顕謗法鈔)〕

のように、すでに中世から認められる。