ひがん

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

彼岸

paarimaM पारिमँ、tiiraM तीरँ、paryavasaana पर्यवसान (skt.)

かなたの岸、目指す理想の境地のこと。
煩悩の激流ないし海の「此岸(しがん)」から、修行によってそれを渡り切った向こう岸、つまり輪廻を超えた涅槃の境地のこと。
わが国では、古くからの習俗と混交して、3月の春分と9月の秋分にそれぞれ7日間行われる「彼岸会(ひがんえ)」のことを指す。

なお、菩薩の修行徳目であるさまざまな修行の完成である波羅蜜(paaramitaa)は、「到彼岸」とか「(渡)」と漢訳されることもある。