うそうゆいしき

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

有相唯識

うそうゆいしき、sākāra-vijñapti-mātratā साकारविज्ञप्तिमात्रता (S)

 唯識の一派であり、陳那の『観所縁縁論』において説かれた、認識主体としてのそのものに認識内容の相がそなわっているとする。
 この流れは、無性護法戒賢玄奘とつながり、ことに中国日本では法相宗と呼ばれて多くの研究者を輩出した。
 一方、そのようなに実体性を認めない無相唯識の立場をとるグループもあり、地論宗摂論宗などに続いている。