いんねん

出典: フリー仏教百科事典『ウィキダルマ(WikiDharma)』
移動先: 案内検索

因縁

いんねん、hetu-pratyaya (S)

一般解釈

音は「いん-えん」の連音。

  1. きっかけ、動機、契機などの意味。
  2. 由来や来歴の意味。縁起と同様に用いる。
  3. 関係、ゆかりのこと。

仏教の解釈

 縁起因果を参照。
 ことに因縁と言う場合には、因即縁と、直接要件と間接要件が同じ意味で言われることを指す。初期の仏教では因(hetu)縁(pratyaya)も、ともに原因を意味する言葉であり、後に区分が生じてを原因、を条件、とみなした。

 仏教では人間の努力による修行による成仏を前提としており、因や果を固定したり、創造神の力を因としたり、外在的・宿命的な力を因とする宿作因説などの説、あるいは因なく最初から果があったとする決定論的な主張 無因有果説、原因は有り得ないという説 無因縁説に対してきびしい批判を行った。
 ことに龍樹は、『中論 』観因縁品で、無自性の立場からこれらの外部の説と、説一切有部四縁六因説を批判し、四諦品で因縁によって生じる諸法であると説いている。